これまでの催し物・詳細
1999.8 シイーム No.85

そこにある音楽 24 「ホール」 中原 敏雄  より



 大津、キラキラ光る琵琶
湖をバックに、同じように
輝いている二つの建物が見
えます。
 昨年秋に完成した「シド
ニーのオペラハウス風」の
『びわ湖ホール』です。大
・中・小の三つのホール、
そして四面舞台の最新機構
を備えています。
 開館記念事業は、総勢3
00人規模、イタリアのポ
ローニヤ歌劇場の引っ越し
公演でした。
 開館前、ホールの開設準
備局長は「ゴルフや飲み代
に5万円かかっても平気な
のに、オペラは贅沢だって。
若者にどんどん心の栄養を
とってほしい」と語ってお
られます。正論とは思いな
がら、1万円を超える入場
料は、年金頼りの私たちに
は手が届きません.
 このホールの年間維持費
は20億円、自主事業で3億
円程度はまかないますが、
残りの17億円は県民の税金
からの持ち出しです。なら
ば、年に一度くらいは、県
民の無料招待日があっても
良いのにと思うのは、貧乏
人のひがみでしょうか。
 『びわ湖ホール』の目的
は、日本にオペラ文化のす
そ野を広げることだそうで
す。でも、年に一度でも行
けたら良いとするこんな
ホールよりも、それだけの
お金をかけて、子どもの減
った学校の講堂などを改造
し、近くの人たちと生徒た
ちの音楽会やお芝居が、し
ょっちゅう開かれる小さな
ホールにするほうが、文化
が根付くのではないでしょ
うか。
 近くに『酒游舘』という、
300年前に創業された酒
屋さんの、古い酒蔵を改造
した多目的スペースがあり
ます。50人も入れば満席で
すが、そこで、クラシック
から出発し、現在はフリー
ジャズの分野で活躍中の、
バール・フィリップスさん
のコントラバスの演奏を聴
きました。
 昔、杜氏さんたちが歌う、
酒造歌が響いたであろう高
い天井に、コントラバスの
音が広がります。無伴奏の
即興演奏は、さまざまな音
で、私たちを楽しませてく
れました.
 美味しいお酒が幕間に振
る舞われたから言うのでは
ありませんが、気軽に普段
着で楽しめる、こんなホー
ルがいっぱいできたらなと
思いました。
 (ハイタウン・うえまち
     マネージャー)

戻る

酒游舘トップへ
文責;西村明
各アーティストの承諾を得て写真を掲載しております
Copyright© 2000-2005 西勝酒造 All Rights Reserved.